喜寿祝いのプレゼントに贈る究極の名入れ酒!純米酒の大吟醸【紫龍】オリジナル名入れ酒1800ml ¥17,064

喜寿祝いに贈るプレゼント
77年前の新聞付き

喜寿祝いの歴史
世界でも冠たる長寿国となった日本。長寿の実感がわいてくるのは「喜寿」だと感じる人が最近は多いそうです。ほんの数百年前まで「人生五十年」と言われていたことを考えるとまさに隔世の感ですね。その「喜寿」を祝う習慣が始まったのは室町時代と言われています。喜寿の前の還暦や古希の祝いは中国から伝わってきたものですが、長寿を祝うという習慣が定着する中、「喜寿」を祝う習慣も発生したようです。なお、喜寿以降の長寿祝いは日本で独自に生まれたものだと考えられています。

喜寿の由来
なぜ、77歳の祝いを「喜寿」と呼ぶようになったのでしょうか。75歳のほうがキリがよさそうなものなのに…そう思ったことがある方もいるのでは?実はこれは考え方の順序が逆なのです。というのも、「喜」の字を草書体や略字にすると、漢数字の「七」を3つ合わせた(上に1つ、下に2つ)形になります。しかし、いくらなんでも777歳という年齢はありえません。そこで、「七」が2つの77歳を古希の次の長寿祝いの歳にしようということになったのです。つまり、喜寿祝いとは、「77歳だから喜寿」ではなく「喜寿とは77歳」。昔の人の縁起かつぎと、文字に対する洒落っ気が生み出した長寿祝いが喜寿というわけです。

喜寿祝いのお祝いは
喜寿のお祝いのキーワードは古希と同じく「紫色」です。紫色は、古くから高い位を表す色とした扱われてきました。たとえば、貴族の冠位は紫色が最上位、僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていました。 また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不調の時には紫色のものを身近に置いていたといいます。そういえば、時代劇などで病気の殿様が額に紫の布を巻いているシーンを見かけます。あれは、充分に意味のあることだったのですね。
だから、喜寿のお祝いには、古希と同じく、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードに。もちろん、必ずしも紫色にこだわらなければならないわけではありません。肝心なのは、その心を大切にしてお祝いをして差し上げることです。
なお、男性の方の場合は平均寿命近くになることもあり、男女ともに体力面や健康面への配慮が重要になってくるのも喜寿あたりから。お祝いの席を儲ける場合には、そのことも忘れないしようにしましょう。

6大特典商品

職人が染め上げた薄紫に透き通る一升瓶と
職人が精魂込めて造り上げた本物の手すき和紙に
あなたからの気持ちを乗せてお届けします。
そう。そのお酒はどこにも売ってない、
世界でたったひとつだけ。

初めておじいちゃんになった日、
お父さんが過ごしたあの頃の思い出。
お母さんと出会い、過ごした日々。
いつかの人生のあの瞬間。
お父さんが生まれた日は何があった?私が生まれた日は?
そんな会話が聞こえてきそうな“メモリアル新聞”を添えて、
オンリーワンのお酒とともに最高の演出を致します。

ギフトにぴったりの記念日新聞付き

全国で約1500ある酒蔵の中でもわずかに数蔵と数少ない“純米のみ”を
醸す新潟の港近くに位置する酒蔵です。金賞受賞歴も多く、純米酒に
おいては燗酒の部分でも金賞を受賞しております。
今回、お届けするには、全量新潟産の純米大吟醸酒です。
金賞酒の味わいをお届け致します!

蔵元が全力を注ぎ込んで醸した日本酒は
グラスに注いでみてもなんとも華やか。
ゴージャスにきらめく純金箔とお酒の香りに、
心から酔ってしまいます。

商品の納期について

ギフト包装、熨斗(のし)につきましては全て無料サービスとなります。
直送の場合でも、手渡しの場合でも包装の上お届け致します。

納品書等について
お相手に直接ギフトにてお届けする場合は、
領収証・納品書などお値段のわかるものはもちろん、
当店の名前も一切明記せずお届け致します。
領収証をご希望のお客様には、別途郵送にてお届け致します。

※ご希望であれば、メッセージカードもお付け致します!
メッセージカードの文章につきましては、お手数ですが別途当店まで
メール、お電話、FAX等でご連絡お願い致します。

 
お客様の声
ラベルサンプル一覧
記念日新聞について
あの頃を振り返らえる年表
ランキング入賞履歴
幻の酒スタッフより
記念日の新聞は、お父さんやお母さんが生まれた日はもちろんのこと、ご両親の結婚記念日、ご両親へのプレゼントならば自分を生んでくれた日など、全ての記念日において喜んでいただけると思います。
本商品は、還暦のお祝いの他に、定年退職のお祝いや感謝のギフト、結婚披露宴にて、ご両親への感謝の贈呈品としても多くのご注文をいただいております。
納期につきましては、最短で即日発送(※1)が可能となり、新聞社がお休みの週末等を除いた場合は翌々日が基本の納期となります。もちろん配送指定も2ヶ月先までお受けしております。

※1:記念日新聞をお付けしない場合や、新聞の在庫があった場合に限ります。


(新聞日付を選ぶ際の参考にご覧ください。)
●昭和初期の新聞は戦争の記事が多く、戦時中の世相を現した写真も多く見受けられます。
●昭和20年(1945年)に終戦を迎え、この頃より政治経済の記事が圧倒的に多くなります。また、戦後約10年間(昭和30年初期まで)は、新聞文字サイズが最も小さい時期でもあり、読み辛い箇所もございます。
●昭和40年代になりますと、高度経済成長期となりますので、記事内容もその世相に沿った明るい内容も見受けられます。
●文字の大きさは年代を重ねる毎に大きくなります。(戦後の新聞は今の新聞文字の半分くらいの大きさのものもございます)

喜寿祝いのプレゼントに贈る究極の名入れ酒!純米酒の大吟醸【紫龍】オリジナル名入れ酒1800ml

価格: ¥17,064(税込)

お買い物はこちらから

当店の記念日新聞付き名入れ酒が雑誌「CREA」の贈り物特集にて取材を受けました!

お急ぎの方はお電話で一度お問合わせ下さい!
【フリーダイヤル】:
0120-036-080
※フリーダイヤルは固定電話からとなっております。
【通常回線】:
025-378-2631